北上市で接骨院をお探しなら 北上市で開業25年、公益社団法人日本柔道整復師会会員の大和接骨院へ

スイマーズショルダーの施術に対する大和接骨院の取り組み

岩手県北上市の大和接骨院は平成4年の開業以来

20年以上にもわたり、地域の皆様の健康と安心のために

従事してまいりました。


今日は、そんな大和接骨院が水泳競技に取り組まれている

選手の多くが抱える問題。「スイマーズショルダー」に

関する当院の考え方やスイマーズショルダーに関する

当院の施術の方法などをなるべくわかりやすく

丁寧にご紹介させて頂きたい思います。

スイマーズショルダーって何?

水泳は、元来ケガの少ないスポーツでした。 そのため、古くからケガのリハビリなどにも使われてきました。 しかし、「スイマーズショルダー」という水泳選手に特有のケガがあります。


そのためか、昔は「野球選手は水泳をしない方がいい。」と
いわれていた時期がありました。


今回は、数少ない水泳選手のケガ「スイマーズショルダー」に
ついて、その発生原因と治療法、症状を繰り返さないための
対処法を私なりの仮説を立てながらご紹介いたします。

スイマーズショルダーの発生原因(仮説)

スイマーズショルダーの発生原因ははっきりとはわかっていません。 しかし、実際に治療にこられた選手たちをみていて感じたことは 「背骨がねじれている子達が非常に多い。」ということです。


痛みを実際に訴えるのは確かに「肩」ですが、
その肩の筋肉を支配するのは全て首の神経が行います。

「これだけ、首がねじれていて、正常に神経が働くだろうか?」


そのとき、とあるスイミングクラブのコーチが選手に
声を掛けました。
「息継ぎをきちんと両方でやっているか?」
「いやぁ、なかなかできなくて・・・」

そのとき、ピンときました。
「これか?」

一日に、何㎞も泳ぎこむ選手たち。
当然繰り返される息継ぎは何百回にも及びます。
その練習が何日も何日も繰り返されるわけです。
よく考えたら怖くなりますよ。

「その息継ぎが片側だけで行われていたら?」
脊柱の回旋障害が起こるのに十分な原因に「息継ぎ」はなりうる!

ここまで読み進めていただけた皆さんにはもう
お分かりのことと思います。


自分なりにトライしてみても症状が改善されない場合には
きちんとした治療を受けましょう。


すでに体に回旋障害が起こっている方は、自分で解消するのは
難しい場合があります。


きちんと原因が解明されれば、野球選手も水泳が体力づくりや
リハビリに活かされることと思います。

北上市でケガ(骨折・脱臼・捻挫・肉離れ)の施術を受けたい方

交通事故(ムチウチ)の施術を受けたい方、

アスリートのトータルサポート

(試合前のコンディショニング、体幹トレーニング、長年悩まされている痛み)

を受けたい方

ぎっくり腰、腰痛、首の痛み、肩の痛み、膝の痛み、骨盤矯正

なら、北上市で20年以上の施術実績のある大和接骨院


北上市「柳原」駅徒歩7分の大和接骨院
北上市常盤台1-20-1(北上信用金庫 常盤台支店さま向かい)
お問い合わせは
0197-63-8611

大和接骨院 ご案内

〒024-0012 岩手県北上市常盤台1-20-1

JR東北本線 北上駅/村崎野駅より車で7分、JR北上線 柳原駅より車で4分!

JR東北本線 北上駅/村崎野駅より車で7分
JR北上線 柳原駅より車で4分!

大きな地図で見る
お問い合わせご予約

0197-63-8611

受付時間

【受付時間】
月~金  8:00~20:00
土・祝日 8:00~12:00
【定休日】
日曜日

0197-63-8611